ニュースポーツの紹介

ボッチャ

ボッチャ(Boccia)は、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障碍者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。
 ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。
 障害によりボールを投げることができなくても、足でボールをキックしたり、(ランプ)と呼ばれる滑り台のような投球補助具を使い、競技アシスタントのサポートを受けて自分の意思を伝えることができれば参加できます。 ただし、競技アシスタントは、選手の指示に従いランプの角度や高さを調節することはできるが選手にアドバイスをすること、コートの方を振り返ることは禁止されています。
 競技は男女の区別のないクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。


キンボール



LinkIcon一般社団法人日本ボッチャ協会


キンボール

KIN-BALL(キンボール)は、直径122cm、重さはわずか1kgのボールです。
メインのキンボール・コンペティションゲームは、このキンボールを使用し、4人1組で構成されたチーム(おのおのピンク、グレー、ブラックに色分けされた3チーム)が13~21m×16~21mのコートサイズ内でヒット(サーブ)やレシーブを繰り返す新しいゲームです。
その他にもキンボールを使った様々なプログラムがあり参加者に合わせて楽しむことができます。

現在、キンボールに力を入れて普及に取り組んでいます。
ご家族・職場仲間などで参加されてみませんか?

キンボール



LinkIcon日本キンボール連盟のページ


設立目的

台東区スポーツ推進委員協議会は、区民スポーツの普及振興のため、スポーツ推進委員相互の連絡、研修及び社会体育の指導、協力、育成を図り、併せて関係機関及びスポーツ団体との相互の連携を図ることを目的とします。

事務所

台東区スポーツ推進委員協議会事務局
〒111-8621 
東京都台東区西浅草3-25-16
生涯学習センター5階
スポーツ振興課
TEL03-5246-5853(直通) 
FAX03-5246-5814